3年ほど前から開発を始めたロープ染色のインディゴ糸を使ったパイル生地シリーズ。

パイル(タオル)といえば愛媛県の今治市が有名ですが、デニムの産地でインディゴロープ染色糸を使ってパイル生地を織ろうと試みたのは恐らく弊社が初めてでしょう。

少しずつですが、メディアに取り上げられる機会もあり、似寄りのものを見かけるようにもなりましたが、これからも独自のアイディアで開発を進めていきたいですね。

数々の失敗と試織を重ねることで、ユニークだけでなく物性的にも問題をクリアした素材が出来上がってきています。