生地を眺めながら最終的にはどんな製品になるのだろうと創造します。

パンツ?ジャケット?あるいはクッションカバーとか?

お客さまによってどのような変貌を遂げるかはさまざまで面白いです。